サッカーで日本を熱くさせるサムライ海外組の日本人選手、個別ニュース+日本代表ニュースにコメント! 海外の評価や2chの反応も!
サッカー関連ニュース サッカー関連ニュース サムライニュース サムライニュース 海外メディアの反応 にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング ブログランキング【くつろぐ】
サッカー サッカー日本人選手★海外組★ TOP  >  スポンサー広告 >  コラム >  香川、内田、長谷部ら明暗分かれたプレシーズン サッカー
サッカー&フットボール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

香川、内田、長谷部ら明暗分かれたプレシーズン

■高まりつつある香川とギュンドガンの連係

 ドルトムントの圧倒的な強さが目立ったシーズンを経て、5日に2011-12シーズンのブンデスリーガが幕を開ける。全18チームのうちちょうど半分の9チームに日本人が所属しており、昨季からのブームは今季も変わらない。

 王者ドルトムントの香川真司はアジアカップで負傷する前、つまり昨シーズンの前半戦と同じようにトップ下の位置でプレーを見せている。昨季のチームの心臓として中盤の底から攻撃を操っていたシャヒンがレアル・マドリーへ移籍したために、チームは新たな攻撃の形を模索している。代わりに入るギュンドガンは前任者とは異なり、パスをさばくだけではなく、自らも積極的に前へと飛び出していく選手だ。クロップ監督はシャヒンの抜けた穴を、ギュンドガンに埋めさせるのではなく、中盤の5人のMFの連動によって埋めようとしている。

 もっとも、すんなりと課題が解消されるわけでもない。7月23日に行われたシャルケとのドイツスーパーカップ(PK戦でシャルケが勝利)のあと、香川はギュンドガンとの連係について、「ちょっとまだ、タイミングがつかめていない部分がある」と話していた。

 翌週に行われたドイツカップのサントハウゼン戦、香川はハーフタイムにギュンドガンと話をしている。
「ギュンドガンは前半から高い位置をとってきて、それは良いことでもあるんだけど、自分と(ポジションが)かぶっている場面も何回かあったので。ちょっと前に来すぎていて、自分のスペースがなかったから、タイミングを見てくれというふうに言ったら、本人も分かっていた」

 後半から、2人の関係は改善されていく。後半11分には、2人の関係が良くなったことを象徴するシーンがあった。中盤のやや低い位置でボールを持った香川が、ペナルティーエリア付近まで上がっていたギュンドガンにパスを出した。香川は勢いを止めずに、ギュンドガンを追い抜いてペナルティーエリア内へと侵入。そこでギュンドガンからのパスを受けて、最後は右足でゴールネットを揺らしたのだ。香川にとって練習試合も含めて約1カ月ぶりのゴールが、ギュンドガンとのワンツーのパスから生まれたのだ。

「良い形でアシストしてくれた」と香川も語ったシーンで、プレシーズン中から「試合をこなしていくうちに関係は良くなっていく」と言い続けてきたとおりの結果が得られた。「すべてにおいて、まだまだ上がっていけると思う」と香川自身は語っており、5日に行われるハンブルガーSVとの開幕戦に向けて良い流れが生まれつつある。

■厳しい状況にも一喜一憂しない内田
 ドルトムントのライバル、シャルケ04でプレーする内田篤人は厳しい状況に置かれている。2部のアーヘンからやってきたヘーガーに、現時点ではレギュラーポジションを奪われているからだ。本来は中盤の選手ながら、186センチと長身で、足元の技術に定評のあるライバルが、プレシーズン中にラングニック監督の心をつかんだ。内田は淡々と、現状について語る。
「監督も自分のプレーは分かってるんで。去年から一緒にやってるわけだし、自分の調子も上がってくればいいんじゃないかな」

 ライバルのヘーガーについては、「良い選手」だと認めながらも、「当初、思ってた以上にヘーガーは良い選手なのか」と記者に問われたときは、表情を変えずにこう言い放った。
「いや、それはないかな」

 現時点では控えに甘んじており、状況が芳しいとは言えないが、一喜一憂するさまを見せないのは、不動の右サイドバックとして昨季のチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4に進出した当時から変わらないものだ。
「危機感はあるけど、焦りはないかな。まあ、危機感は常にあるものだから」

 内田はこれからも腐ることなく、アピールを続けていくつもりだ。

■「良い準備ができた」と手ごたえを感じている長谷部

 昨季、香川と内田の2人とはやや対照的なシーズンを過ごしたのがボルフスブルクの長谷部誠だ。昨季のリーグ戦の出場試合数は23試合。シーズン途中に加入した07-08シーズンを除いて、昨季はもっともリーグ戦出場試合数が少なかった。最終的にはレギュラーに返り咲いたものの、納得のいく成績が残せたわけではない。

 ただ、長谷部は今、充実した時間を過ごしている。プレシーズン期間中は主に左MFとしてプレー。7月29日のドイツカップのライプツィヒ戦ではトップ下で先発出場を果たし、試合途中から右MFとしてプレーした。そして、今週行われたゲーム形式のトレーニングでは、主力組の右サイドバックを任された。トレーニングを終えた後には、こんな感想を口にしていた。

「今日はびっくり……いや、びっくりはしないかな、もはやね(笑)。ポジションとかはいろいろ変わるだろうけど、その中でも自分がどれだけやれるかっていうのが今は楽しみ」

 長谷部が充実した時間を過ごしているのは、一目で分かる。厳しいトレーニングキャンプのおかげで、焼けた素肌。背筋をぴんと伸ばし、記者の質問にもよどみなく答えが出てくるのだ。
 実は過去2年、長谷部にとってプレシーズンは鬼門だった。2シーズン前にはキャンプ最終日に行われた練習試合で、昨季は開幕を約2週間後に控えた練習試合で共に負傷。開幕戦をピッチの上で迎えることはできなかったのだ。過去2年との違いはどこにあるのか。

「今シーズンは良い準備ができたかなという感覚が自分の中ではあるんですよね。合宿でも相当追い込めたし。その中で、高い意識を持ってやれたので。自分の中で、またひとつ、何かを変えられたという手ごたえがあるんです」

 過去2シーズンのけがはいずれも練習試合中のアクシデントではあったのだが、長谷部は明らかな変化をかみしめている。

「変わったのは気持ちの部分かな。練習が厳しいから、監督にやらされている感を出していったら、どうしてもね……。やっぱり、気持ちと体って同調しているから。厳しい練習も自分のためにやっていると思ったら、体もしっかりできてくるという感じ。今はポジティブなマインドと、ポジティブな体があるってイメージかな」

 チームの目標は4位以上に入り、CLの出場権を獲得すること。その目標を達成するための中心選手として、今シーズンの長谷部は走り続けていくことになる。

■小さなきっかけで状況も大きく変わる
 昨シーズンの1月にシュツットガルトへ加入した岡崎慎司はキャンプ中に足首を負傷。出遅れた感はあるが、7月29日のドイツカップのビスバーデン戦ではベンチ入りメンバーに入った。現時点ではサブからのアピールだが、昨季後半戦の活躍はボビッチGM(ゼネラル・マネジャー)やラッバディア監督から高く評価されており、レギュラー奪取もそれほど遠い道のりではないだろう。

 岡崎と同時期に加入した細貝萌と槙野智章は、やや苦しい状況に置かれている。細貝は7月30日の試合ではベンチ入りしたものの、出場機会はなし。槙野は7月31日の試合の遠征メンバーから外れてしまった。

 今季からバイエルンでプレーする宇佐美貴史は、直前のアウディカップで好プレーを見せたものの、8月1日のブラウンシュバイク戦ではベンチ入りメンバーから外れた。ハインケス監督は遠征に19人の選手を連れて行き、その中から18人を選ぶことにしていた。ロッベンとリベリーを負傷で欠いていたために、公式戦初出場も期待されていたが、それはかなわず。試合後には「お疲れ様でした」と残し、宇佐美は会場を後にした。ブンデスリーガで最も層の厚いチームであるため、すべてが順調にいくわけではない。むしろ、その中でいかにしてレギュラー争いに食い込んでいくのか。真価が問われるのはこれからだ。
 なお、フライブルクの矢野貴章は負傷により、ドイツカップは欠場している。

 開幕を前にして、各選手の置かれた立場はさまざまだが、小さなきっかけで状況は大きく変わる。例えば、昨季終盤戦の活躍を見れば、内田がベンチを温める日が来ると想像した人はほとんどいなかったはずだし、残留争いに苦しんだ長谷部が充実した表情を浮かべるようになると確信を抱いていた人も多くはなかっただろう。

 内田と同様、一喜一憂することなく、ブンデスリーガにおける今後の日本人選手の戦いぶりに注目していこうではないか。

関連記事
[ 2011/08/05 14:54 ] コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サッカー情報館
Facebookに追加mixiチェックに追加Twitterに追加
★★★★★
サッカー海外組を中心としたサッカー情報サイト! 基本は海外メディアのニュース中心に 日本代表や海外での日本人評価などとにかく海外組ニュースでまとめました。 たまにJリーグや外国人選手の話題も取り上げ気になる記事にコメントやこれから海外組になる可能性がある選手など気になる情報ばかり。 いつかバロンドールを日本人が受賞出来ることを祈ってサムライたちを応援していきたいです。
広告
サッカー関連!ニュース速報
サッカーはスポーツの中でも一番情報量が多い。いろんなサイトで記事が上がっているので海外組以外でも記事を探してみて下さい。
海外メディア日本語版
メールフォーム
メール【投稿・コメント・リンク】

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
メール又はコメントで募集中です!!
このブログをリンクに追加する

リンクの設定で以前リンクさせてもらったサイト様のデータが一部紛失してしまったためメールでご連絡いただければ貼り直しますのでよろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。