サッカーで日本を熱くさせるサムライ海外組の日本人選手、個別ニュース+日本代表ニュースにコメント! 海外の評価や2chの反応も!
サッカー関連ニュース サッカー関連ニュース サムライニュース サムライニュース 海外メディアの反応 にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング ブログランキング【くつろぐ】
サッカー サッカー日本人選手★海外組★ TOP  >  スポンサー広告 >  コラム >  コラム・【日本代表】ザックジャパン・ペルー戦新戦力通信簿 サッカー
サッカー&フットボール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コラム・【日本代表】ザックジャパン・ペルー戦新戦力通信簿

ザック


9月から始まる2014年ブラジルワールドカップアジア予選前の数少ない強化期間となる今回のキリンカップ日本代表ザッケローニ監督は約10日間に3-4-3、4-3-3など複数システムを習熟させようと躍起になっている。相手によって戦い方を変えながら、攻撃的サッカーを貫きたいからだ。

1日に新潟で行われたペルー戦は予想通り、3-4-3からスタートした。「サイドに人が多いんで、うまくいけばサイド攻撃が出せるし、取ってからも前に3人いるからカウンターもしやすいしっていう。はまれば面白いシステム」と初招集の宇佐美貴史(G大阪)も語った通り、攻めの厚みを出せる布陣である。外でボールの奪うという守備のポイントも絞りやすい。そういう意図を選手たちがどれだけ実践できるかが興味深かった。

指揮官の貪欲なところは、新布陣のみならず新戦力も積極的にトライしたこと。右サイドのDFに西大伍(鹿島)、左サイドのDFに安田理大(フィテッセ)というザックジャパン初招集選手を先発させ、昨年10月のアルゼンチン戦(埼玉)以来の復帰となる関口訓充(仙台)を右ウイングでスタメン起用した。3バックの栗原勇蔵(横浜)も昨年10月の韓国戦(ソウル)以来だし、アジアカップに参戦した伊野波雅彦(鹿島)も先発は初めてだ。川島永嗣(リールセ)、今野泰幸(FC東京)、長谷部誠(ヴォルフスブルク)、遠藤保仁(大阪)、前田遼一(磐田)というセンターラインは崩さずに、土台を維持しながら新戦力を試そうとしたのだろう。

中でも注目されたのが西と安田。西は硬さが目立ち、守り一辺倒になりがちだった。もともと攻撃センスに秀でた選手だが、相手が外にボールを出してきた際に複数で囲んで奪うという守備の約束事を実践しようとするあまり、攻めに出る積極性を欠いた。「僕らは後ろの声で動くんで。コンビの問題もあったと思う。慣れれば問題ない」と彼は適応する時間の足りなさを悔しがった。

安田の方は岡田ジャパン時代に代表経験がある分、西ほどの硬さはなかった。前半16分に自分の前にいる岡崎慎司(シュツットガルト)とタイミングを測りながら左サイドを上がるなど、持ち味を出せていた場面もあった。ただ、西と同じくどうしても守りに意識が行き過ぎて、下がりすぎるきらいがあったのも事実。本人は「自分側の16番(アドビンクラ)も、ファルファンも速いのは分かっていたし、自分のサイドが攻め込まれる時は4枚のサイドバックになれと言われていた。それでどうしても上がるのが遅くなってしまった」と説明していたが、その時間帯を極力減らし、左ウイングと連携しながら外の攻めに迫力をもたらす必要がありそうだ。

彼ら2人より自分らしさを発揮していたのが関口。慣れたポジションで長い時間プレーできたこともあり、彼は武器である速さ、突破力を前面に押し出そうとした。最大の見せ場は前半17分に遠藤のタテパスに反応してゴール前に突っ込んだ場面。シュートには至らなかったものの、前半の数少ないチャンスだったのは間違いない。

「ヤットさんが『やりたいことをやってもらっていい』と言ってくれた。信じて前に走ることでチャンスが生まれる。触っていたら点も取れていただろうから悔しいけど、継続してやることが大事」と関口も手ごたえをつかんだ様子だった。ザック監督も「関口はよかったし、チームに貢献してくれた」と前向きに評価した。彼が入ったウイングの位置にはすでに実績のある岡崎、本田圭佑(CSKA)、香川真司(ドルトムント)らがずらりと並ぶ。ペルー戦では出番がなかったが、若い宇佐美もいる。この中に入っていくには、ストロングポイントを思い切って出すしかない。そういう割り切りが関口から見て取れたのは前向きな材料といえる。

後半途中から登場した興梠、森脇もザックジャパン初出場だった。3-4-3が機能しなかったため、指揮官は後半からベースの4-2-3-1に戻し、本田を入れて中盤で起点を作るように試みていた。そこに入った彼らは戦術に戸惑いはなかったはずだ。そんな中、特に森脇は右サイドバックとして積極的な攻め上がりを披露。登場直後には果敢な突破からFKを獲得するなど、彼らしい思い切りのよさが出ていた。アジアカップでは出番がなかったにもかかわらず、代表に呼ばれ続ける森脇をザック監督は買っているのだろう。短時間ではあったが、この日はいいアピールができたのではないだろうか。

3月のJリーグ選抜とのチャリティマッチで主力が下がった後半は全く別のチームになってしまったように、今の日本代表は主力と控えに大きな実力差がある。新戦力が戦術理解度を高め、個人的なレベルも高めないと、選手層は厚くならない。そういう意味で、ペルー戦の関口や安田はまずまずだったのではないか。今回のシリーズの集大成となる7日のチェコ戦(横浜)に彼らがどのくらい絡んでくるかが気になる。

関連記事
[ 2011/06/03 05:17 ] コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サッカー情報館
Facebookに追加mixiチェックに追加Twitterに追加
★★★★★
サッカー海外組を中心としたサッカー情報サイト! 基本は海外メディアのニュース中心に 日本代表や海外での日本人評価などとにかく海外組ニュースでまとめました。 たまにJリーグや外国人選手の話題も取り上げ気になる記事にコメントやこれから海外組になる可能性がある選手など気になる情報ばかり。 いつかバロンドールを日本人が受賞出来ることを祈ってサムライたちを応援していきたいです。
広告
サッカー関連!ニュース速報
サッカーはスポーツの中でも一番情報量が多い。いろんなサイトで記事が上がっているので海外組以外でも記事を探してみて下さい。
海外メディア日本語版
メールフォーム
メール【投稿・コメント・リンク】

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
メール又はコメントで募集中です!!
このブログをリンクに追加する

リンクの設定で以前リンクさせてもらったサイト様のデータが一部紛失してしまったためメールでご連絡いただければ貼り直しますのでよろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。