サッカーで日本を熱くさせるサムライ海外組の日本人選手、個別ニュース+日本代表ニュースにコメント! 海外の評価や2chの反応も!
サッカー関連ニュース サッカー関連ニュース サムライニュース サムライニュース 海外メディアの反応 にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング ブログランキング【くつろぐ】
サッカー サッカー日本人選手★海外組★ TOP  >  スポンサー広告 >   サムライ・ニュース   >  日本代表ニュース >  ザック熱血3バック補習…志願8人に25分間 サッカー
サッカー&フットボール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザック熱血3バック補習…志願8人に25分間

ザック


30日に新潟県内で始まった日本代表合宿で、アルベルト・ザッケローニ監督(58)はいきなり守備陣に居残り練習を課すなど、3バックの戦術浸透へ時間を惜しみなく使った。

 いきなりの“スペシャル講義”だ。午後4時、強風が吹き荒れ、気温15度と初夏とは思えない寒さに見舞われた合宿初日。1時間40分のチーム練習を終えた後、3バックの補習が待っていた。志願の受講者は今野、栗原森脇ら8人の守備陣。ザッケローニ監督は自らボールを持ち、ボールを奪うタイミング、サイドへの寄せ方などを25分間も熱血指導した。

 9月から始まるW杯アジア3次予選まで、実戦の舞台は今回のペルー戦、チェコ戦と8月の韓国戦の3試合のみ。新たな戦術を試す機会は限られている。これまで4―5―1をベースに戦ってきたが、ペルー戦から本格導入する可能性が高いのは3―4―3の新オプション。ウディネーゼ時代にも旋風を巻き起こした攻撃的システムだ。

 「今まで4―5―1の方に時間を割いてやってきたけど、負けてる時、点を取らなければならない時は3―4―3になることを想定しておかなければ」とMF長谷部。正午に集合した新潟市内のホテルでも、指揮官は寸暇を惜しむようにミーティングで戦術を徹底指導。3バック、4バックと臨機応変に陣形を変えることも確認されたという。

 7月の南米選手権(アルゼンチン)出場がキャンセルとなり、代表が共有できる時間は限りなく少ない。「成長を止めるな」という号令の下、ザック監督は“切り札”でペルーを襲う






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サッカー情報館
Facebookに追加mixiチェックに追加Twitterに追加
★★★★★
サッカー海外組を中心としたサッカー情報サイト! 基本は海外メディアのニュース中心に 日本代表や海外での日本人評価などとにかく海外組ニュースでまとめました。 たまにJリーグや外国人選手の話題も取り上げ気になる記事にコメントやこれから海外組になる可能性がある選手など気になる情報ばかり。 いつかバロンドールを日本人が受賞出来ることを祈ってサムライたちを応援していきたいです。
広告
サッカー関連!ニュース速報
サッカーはスポーツの中でも一番情報量が多い。いろんなサイトで記事が上がっているので海外組以外でも記事を探してみて下さい。
海外メディア日本語版
メールフォーム
メール【投稿・コメント・リンク】

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
メール又はコメントで募集中です!!
このブログをリンクに追加する

リンクの設定で以前リンクさせてもらったサイト様のデータが一部紛失してしまったためメールでご連絡いただければ貼り直しますのでよろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。