サッカーで日本を熱くさせるサムライ海外組の日本人選手、個別ニュース+日本代表ニュースにコメント! 海外の評価や2chの反応も!
サッカー関連ニュース サッカー関連ニュース サムライニュース サムライニュース 海外メディアの反応 にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング ブログランキング【くつろぐ】
サッカー サッカー日本人選手★海外組★ TOP  >  スポンサー広告 >  サッカー関連ニュース >  5月26日  スポーツ・まとめ サッカー
サッカー&フットボール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

5月26日  スポーツ・まとめ

5月26日  スポーツ・まとめ

貴乃花親方「運も実力」戦後初の負け越し新十両

日本相撲協会が25日、両国国技館で大相撲名古屋場所(7月予定、愛知県体育館)へ向けた番付編成会議を行い、新十両7人、再十両6人の昇進を決めた。八百長問題で関取に合計17人の引退・解雇があったことの補充で、13人の昇進は戦後最多。中でも東幕下3枚目の荒鷲(24)=花籠=は技量審査場所で3勝4敗と負け越しながらの新十両で、再十両の垣添(32)=藤島=とあわせて、戦後初めての珍事となった。
  ◇  ◇
 自称“ついてない男”に幸運が訪れた。「今まで福引とか宝くじとか当たったことないです。ギャンブルもダメだし、カードゲームなんかでも勝ったことない」。24年間分の不運が一気に逆転したと言っても過言ではない、負け越しでの新十両昇進劇となった。
 技量審査場所では3勝3敗で迎えた千秋楽の7番相撲で持丸に敗れ、負け越してしまった。従来ならば、ここで十両昇進の夢はお預けになるところだが、今回は最低でも13人の昇進が事前に決まっていた特別な場所。勝ち越した幕下12枚目の旭秀鵬ら、下位で勝ち越した力士より上位に判断されたと見られる。
 08年九州場所で、西幕下筆頭で5勝しながら昇進できなかった福岡(現隠岐の海)のような不運な例とは対照的だ。「これが人生で一番ラッキーかもしれない」と照れた荒鷲は「負け越して悔しいのと、恥ずかしいという気持ちもある。出稽古をして頑張りたい」と来場所での奮起を誓った。
 負け越し昇進について、番付編成の責任者である貴乃花審判部長(元横綱貴乃花)は「運をつかんだ力士は、それも実力のうちだと思います」と活躍を期待した。花籠部屋では八百長問題で同じモンゴル出身の兄弟子・光龍がクロ認定を受け引退。週末に断髪式を控えており「寂しい気持ちありますね」としみじみ。ツキを勢いに変え、部屋を引っ張ることを誓った。








高浜、古巣・阪神見返す中越え二塁打…ロッテ

◆交流戦 阪神2─5ロッテ(25日・甲子園) 落胆と不満を表すジェット風船が甲子園の夜空に舞った。7回、先頭でフェンス直撃の中越え二塁打を放った高浜が、2死満塁から今江の左前適時打でダメ押しのホームイン。久保田からの二塁打に「真っすぐだけ狙って、力を込めて振りました。一番の当たり」。1安打に2犠打、チームの交流戦初勝利に貢献した。

 FA移籍した小林宏の人的補償で3月1日に阪神からロッテに移籍。プロテクトしなかった阪神を見返す―。その思いを込めてプレーし「後悔? ちょっとはしてくれたんじゃないですか」。連敗は6でストップ。それでも遊撃の荻野貴が右膝を手術し、1か月以上の離脱が決定した。西村監督も「しっかりしたものを出してくれている」と評価した若武者が、故障者続出のチームを救う。









桑田真澄氏「50歳でプロデビュー」宣言

男子ゴルフのチャレンジトーナメント(下部ツアー)第3戦、「富士カントリー可児クラブチャレンジカップ」(岐阜・富士カントリー可児C可児ゴルフ場・志野C)は26日、開幕する。主催者推薦で出場するプロ野球巨人の元エース、桑田真澄氏(43)が25日、プロアマ戦に出場し、50歳でのプロデビュープランを宣言した。野球界で時代を築いた名投手が、初のプロ大会でゴルファーへの第一歩を刻む。

マウンドを離れて3年。新たな目標に勝負師の本能がうずく。桑田氏が、プロデビューの野望を宣言した。「この大会で自分に何が必要か、わかれば戦略も立てられる。50歳くらいには目指したい。いずれ胸を張って大会で戦えるようになりたい」。

 アマチュア大会を含めても初体験となるゴルフ大会。プロとしてツアー出場資格を得るには、日本ゴルフツアー機構(JGTO)主管の4次にわたるQT(クオリファイングトーナメント)で上位進出などが必要。簡単な道のりではないが、桑田氏にはPL学園高で甲子園通算20勝、巨人でも通算173勝を挙げた運動神経がある。

 昨年の「ティーチングプロアワード」最優秀賞に輝き、同じ主催者推薦で出場するプロゴルファーの弟・泉(41)の指導で3月からテクニックを磨いてきた。ベストスコア70で1Wの平均飛距離270ヤード。この日のプロアマ戦(非公開)でラウンドした田中秀道(40)も「ショートゲームの感覚がすばらしい」と評価したほど。

 出場アマが3人のため、自動的に予選通過(アマ上位3人)となり、2日間の実戦経験が積める幸運も。プロゴルファーへ、桑田氏が大きくステップする







錦織、2回戦で姿消す=女子複の森田組も敗退―全仏テニス

テニスの四大大会今季第2戦、全仏オープン第4日は25日、当地のローランギャロスで行われ、男子シングルス2回戦で錦織圭(ソニー)は第31シードのセルジー・スタホフスキー(ウクライナ)に1―6、6―3、3―6、6―7で敗れ、全仏で自身初の3回戦進出はならなかった。
 女子ダブルス1回戦の森田あゆみ(キヤノン)ソラナ・チルステア(ルーマニア)組はアーラ・クドゥリャフツェワ(ロシア)ヤスミン・ベール(ドイツ)組に6―7、6―2、3―6で敗れた。
 このほか、男子シングルスで第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)、女子シングルスで第1シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)らが3回戦に進んだ。 
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サッカー情報館
Facebookに追加mixiチェックに追加Twitterに追加
★★★★★
サッカー海外組を中心としたサッカー情報サイト! 基本は海外メディアのニュース中心に 日本代表や海外での日本人評価などとにかく海外組ニュースでまとめました。 たまにJリーグや外国人選手の話題も取り上げ気になる記事にコメントやこれから海外組になる可能性がある選手など気になる情報ばかり。 いつかバロンドールを日本人が受賞出来ることを祈ってサムライたちを応援していきたいです。
広告
サッカー関連!ニュース速報
サッカーはスポーツの中でも一番情報量が多い。いろんなサイトで記事が上がっているので海外組以外でも記事を探してみて下さい。
海外メディア日本語版
メールフォーム
メール【投稿・コメント・リンク】

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
メール又はコメントで募集中です!!
このブログをリンクに追加する

リンクの設定で以前リンクさせてもらったサイト様のデータが一部紛失してしまったためメールでご連絡いただければ貼り直しますのでよろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。