サッカーで日本を熱くさせるサムライ海外組の日本人選手、個別ニュース+日本代表ニュースにコメント! 海外の評価や2chの反応も!
サッカー関連ニュース サッカー関連ニュース サムライニュース サムライニュース 海外メディアの反応 にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング ブログランキング【くつろぐ】
サッカー サッカー日本人選手★海外組★ TOP  >  スポンサー広告 >  海外組・伊野波雅彦  >  海外組・家長昭博ニュース >  家長所属のマジョルカが降格危機。最終節に待つのは天国か地獄か? サッカー
サッカー&フットボール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家長所属のマジョルカが降格危機。最終節に待つのは天国か地獄か?

images.マジョルカ家長、3試合ぶり
 5月8日に行われたリーガ・エスパニョーラ第35節、マジョルカ対ビジャレアル戦のキックオフ前。両チームの選手達がピッチに入場した際、マジョルカのサポーターが陣取るゴール裏のスタンドに真っ黒の巨大な横断幕が現れた。その横断幕には、次のフレーズが白い文字で書かれていた。

「UN SENTIMIENTO COMO ESTE NUNCA LO PODREIS COMPRAR」
(このような感情は、お前らには決して買うことはできない)

 昨年7月、マジョルカは昨季の国内リーグ5位により獲得したヨーロッパリーグの出場権をUEFAから剥奪された。そしてマジョルカが抱える多額の負債がUEFA主催大会の出場基準に反すると訴え続け、繰り上げで代替出場権を獲得したのが昨季7位のビジャレアルだった。

 ゆえにマジョルカのファンにとってこの試合は、特別な因縁を持つ一戦となったのだった。








■大胆なコスト削減案を実行し、チームは生まれかわったが……。

 過去にマジョルカ、ベティス、バルセロナらを監督として率いたロレンソ・セラ・フェレールがマジョルカの買収を発表したのは、UEFAから非情の宣告を受ける一カ月ほど前、昨年6月末のことだ。

 マジョルカ島サ・ポブラの出身であり、マジョルカでの成功により監督として名を挙げた恩もある彼は、当時7000万ユーロにも上ると言われた負債により消滅の危機に瀕していた地元クラブの再建に乗り出した。

 マジョルカの大株主となったフェレールは緊急時に暫定監督を務めることも視野に入れ、会長ではなく副会長兼スポーツディレクターというポストに就任。彼が第一に着手したのは、昨季1800万ユーロの赤字を出した年間収支を改善すべく、トップチームにかかる経費を大幅に削減することだった。

 そのためまずフェレールは、昨季の躍進の立役者である一方、200万ユーロという破格の年俸契約を結んでいたグレゴリオ・マンサーノ監督との契約を解消し、ミカエル・ラウドルップ現監督を年俸60万ユーロで招へいした。さらにボルハ・バレーロ、マリオ・スアレス、アリツ・アドゥリスといった高額年俸の主力選手を軒並み放出。並行して既存選手の年俸をクラブ財政に見合った額に見直すことで、チームの年俸総額を昨季比800万ユーロ減の1600万ユーロまで削減することに成功した。

■会社更生法が適用され、自由な選手獲得までが困難に。

 一方、選手獲得には苦労し続けた。

 消滅を逃れるべく昨年2月に会社更生法(破産法)の適用を申請して以来、マジョルカは裁判所から派遣された管財人に資産の全てをコントロールされ、管財人の許可なしにはクラブ予算を1ユーロたりとも使うことができなくなった。そのためシーズン前の補強はジョナサン・デ・グスマン、ジョアン・ビクトル、ラティーニョを移籍金ゼロで、フェルナンド・カベナギをレンタルで獲得したのみ。しかもデ・グスマンを除く3人はみな期限ぎりぎりの駆け込み移籍だった。

 この時期についてフェレールは、後に「8月の最終週には重要なオファーを持ってきた主力選手を残留させるべく戦わなければならなかった。それが最重要事項だったため、補強に動く余裕はなかった」と振り返っている。

 このような状況で開幕を迎えたラウドルップ監督はしかし、周囲の予想を良い意味で裏切る好結果を出していく。年内最終戦の16節を終えた時点で降格圏と8ポイント差の10位。特にレアル・マドリーとバルセロナから勝点1を奪い、バレンシアやセビージャを敵地で下すといった大物食いにより、当初2部降格の有力候補と見られていたマジョルカはリーガ前半戦を大いに盛り上げた台風の眼として注目を集めた。

■ラウドルップ監督の大胆な起用に応え、若手選手が一気に台頭した。

 主力の大半を放出したにもかかわらずチームが好スタートを切った要因はいくつかあるが、中でも目立ったのは若手選手の台頭だ。

 レンタル先で試合経験を積んできたエミリオ・ヌスエやパブロ・センドロス。新たにBチームから昇格してきたミカエル・ペレイラ、ケビン・ガルシア、セルヒオ・テヘラ。彼らカンテラーノがラウドルップの積極起用に応え、試合を重ねるごとに自信をつけていったことで、選手層の薄いチームに競争力をもたらしたのだ。

 しかし、勢いだけで長いシーズンを走り切るのは難しい。マジョルカもその例に漏れず、シーズンを折り返す頃から一転して不安定なパフォーマンスが目立つようになっていった。

 きっかけは1月の移籍市場で生じた混乱だった。

■次々と起こる不測の事態にチームは揺れ動く。

 家長昭博の獲得とゴンサロ・カストロの売却失敗によって生じたEU外国籍枠の問題。ビクトル・カサデススの負傷離脱とカベナギの突然の退団、そして移籍期限ぎりぎりで破談したアンソニー・ウジャーの獲得失敗がもたらしたストライカー不足。

 次々と起こる不測の事態にフロントが翻弄される中、チームは0得点8失点という散々な内容で今季2度目の3連敗を喫してしまう。

 事態が二転三転した末にラティーニョの退団と家長の残留で落ち着いた2月1日。ラウドルップは会見で「この経験をより良い未来への教訓にしなければならない。まだ2月だが、今から未来に何ができるのかを考えるべきだ。金がないのであれば、もっと走らなければならない」と静かに語った。

 あの時の疲れきった表情は、彼が抱えてきたストレスの大きさを象徴していた。

■「残留争いが絡んできてからは攻守共に本当にばらばら」

 その後もなかなか勝てない時期が続いたが、前半戦の貯金のおかげで常に順位は中位を保った。

 だが、それが逆に危機感の欠如につながったのかもしれない。

 対岸の火事だと思っていた降格の恐怖は気づかぬうちに背後から忍び寄っていた。そして徐々にプレッシャーを感じはじめた選手達は、試合を重ねるごとに自分達のプレーを見失っていくことになる。

 37節アルメリア戦を1-3で落とした結果、最終節を前に降格圏との勝点差は2ポイントまで縮まった。この試合後、家長は見るからに困惑した表情でチームの現状を次のように語っている。

「残留争いが絡んできてからは攻守共に本当にばらばら。みんな一生懸命やっていると思うし、気持ちがないわけじゃないけど、それがチームとしてうまく表現できないっていうか……ちょっと分かんないっすね」

 外国人枠の問題が解決されてからの4カ月間、家長は先発と途中出場を繰り返しながらもほぼ毎試合ラウドルップに出場機会を与えられ、ヘディングで2ゴールを挙げるなど結果も出してきた。

■アトレティコとの最終戦。負けなければ残留確定だが……。

 だが、残留争いに片足を突っ込んでからのここ数試合は、家長自身もチームと同様に調子を落とし、当初見られた思い切りの良いプレーは影を潜めるようになっている。

 冒頭のビジャレアル戦の前日、マジョルカ空港の到着ゲートを出ると多数のマジョルカファンに出くわした。彼らは「ELの仇」に罵声を浴びせようとビジャレアル一行の到着を待ち構えていたのだ。それを見て、2000人以上が町へ繰り出しUEFAのEL出場権剥奪に対する抗議デモを行っていた昨夏の様子を思い出した。

 チームとファンが一丸となり、激動の1年を乗り越えてきたマジョルカ。

 最後に彼らを待っているのは、天国か、地獄か。

 ホームにアトレティコを迎える最終節は、勝つか引き分ければ無条件で残留が決まるが、負ければ他試合の結果待ちとなる。

 全ては家長とチームが挑む最後の90分間に託された。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サッカー情報館
Facebookに追加mixiチェックに追加Twitterに追加
★★★★★
サッカー海外組を中心としたサッカー情報サイト! 基本は海外メディアのニュース中心に 日本代表や海外での日本人評価などとにかく海外組ニュースでまとめました。 たまにJリーグや外国人選手の話題も取り上げ気になる記事にコメントやこれから海外組になる可能性がある選手など気になる情報ばかり。 いつかバロンドールを日本人が受賞出来ることを祈ってサムライたちを応援していきたいです。
広告
サッカー関連!ニュース速報
サッカーはスポーツの中でも一番情報量が多い。いろんなサイトで記事が上がっているので海外組以外でも記事を探してみて下さい。
海外メディア日本語版
メールフォーム
メール【投稿・コメント・リンク】

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
メール又はコメントで募集中です!!
このブログをリンクに追加する

リンクの設定で以前リンクさせてもらったサイト様のデータが一部紛失してしまったためメールでご連絡いただければ貼り直しますのでよろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。