サッカーで日本を熱くさせるサムライ海外組の日本人選手、個別ニュース+日本代表ニュースにコメント! 海外の評価や2chの反応も!
サッカー関連ニュース サッカー関連ニュース サムライニュース サムライニュース 海外メディアの反応 にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング ブログランキング【くつろぐ】
サッカー サッカー日本人選手★海外組★ TOP  >  スポンサー広告 >  コラム >  コラム:ドルトムントとアーセナルを分かつもの サッカー
サッカー&フットボール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コラム:ドルトムントとアーセナルを分かつもの

アーセナルファンにとってここ6年は、概して落胆に終わる、ジェットコースターのような展開の連続だった。何度かガナーズが自信にあふれるように見えたことがあったかもしれないが、うち5シーズンはタイトルなしで終えている。そして今季、その数は6へと伸びた。

アーセナルのタイトル欠乏症について、多くの人がアーセン・ヴェンゲル監督を批判してきた。理由は、ほとんど宗教的とも言える若手育成システムと、ボールポゼッションとクリエイティブな攻撃を強調する、いわゆる「美しい」プレースタイルへの執着である。批評家たちは彼に対し、タイトル欠乏症を癒すには、チームの経験値と守備エリアの強化が必要だと声を上げてきた。だがルール地方の輝きと見比べてみると、ヴェンゲルのシステムのそれは、見掛けほどにはロマンティックではないようだ。

今季、ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガを急襲し、このドイツのリーグの48年間の歴史の中で、最も若い優勝チームとなった。ドルトムントとアーセナルはプレースタイルに相似性を見せているが、成功という点でのギャップは、この英国チームにはブンデスリーガ王者から学ぶことがいくつかあることを示唆している。そのメンタリティー、守備、凄まじい仕事量は、彼らの派手な攻撃と同じほどに重要なものである。





VS


23.8歳
33試合
72ポイント
1位
2002年

平均年齢
試合数
勝ち点
国内リーグ順位
前回優勝

23.0歳
36試合
67ポイント
3位
2004年




ヴェンゲル監督のアーセナルと同様、ユルゲン・クロップ監督のチームも、魅惑的で前へ出る意思にあふれた試合を展開する。いくつかの点においては、この2チームは中盤にも似たようなキャラクターを備えている。双方のクラブとも、ヌリ・シャヒンとセスク・ファブレガスという中央のボールプレーヤーを擁した。ワイドのポジションでは、セオ・ウォルコットとケヴィン・グロスクロイツが速さと運動能力に優れたウィンガーという同じ役を務め、サミル・ナスリとマリオ・ゲッツェがそれぞれサイドから創造性を提供する。すべての類似点ごとに選手の力量比較はできるが、変化を生み出しているのは、それぞれの選手の使い方である。

ボールポゼッションという点において、ドルトムントのスピードが他と一線を画させている。アーセナルのように軽妙にパスを回す「ティキ・タカ」サッカーをするだけの技術があるが、彼らは真っ直ぐにゴールを目指すことを選択する。そうすることでポゼッション率を落とすリスクを負うが、相手に組織を再建させる時間を与える心配は減る。ドルトムントがボールを取り返したなら、シャヒン、またはCBのマッツ・フンメルスもがカウンターのチャンスをつくり出そうと、できるだけ早くボールを前線に送ろうとする。たとえ相手が守備的に布陣を敷いていても、BVBは中盤からペナルティーエリアまで最短で達するよう、ワンタッチパスの道をつくり出せるようポイントを置く。「美しい」サッカーにたどり着く道はほかにもあり、より直接的なアプローチもあるのだ。継続性を欠くルーカス・バリオスとロビン・ファン・ペルシというストライカーの差があろうとも、よりチャンスとゴールをつくり出すアプローチが存在する。

ドルトムントの成功の、そしてドイツ王者とアーセナルの違いを決定付ける戦術的な鍵は、守備にある。2試合を残した時点で、クロップの選手たちはブンデスリーガのシーズン最少失点記録更新に近づいていた。

守備面での成功は、個人の能力による部分もある。フンメルスとネヴェン・スボティッチはヨーロッパ中を見渡しても最高のCBコンビかもしれないし、中盤には「掃除機」のあだ名を持つスベン・ベンダーが控える。だが、クロップ監督のドルトムントにおける最大の強みは、その奮闘ぶりである。全体での守備となれば、ウィンガーもFWも守備を免除されることはない。実際、BVBでどの選手よりも汗を流しているのが、アタッカーのグロスクロイツである。1試合あたりの平均走行距離は13キロに及ぶ。それらすべてを含めてスピードと呼ぶならば、ウォルコットは彼の足元にも及ばない。

パワー…
パス...
創造性...

ヴェンゲルへの公平性を保つにあたり、戦術的なあら探しばかりするのは間違いだろう。前々節のマンチェスター・ユナイテッド戦や、3-1で勝利した12月のチェルシーとの一戦など、ビッグゲームでは自分たちのレベルを常々披露してきた。ただ38試合もあるシーズンで問題となるのは、自分たちより劣るチームに対して、集中力を低下させ、つまずく可能性が、あまりにも多いということである。ガナーズがチェルシーを圧倒した試合の後、乏しい内容でウィガンと引き分けたのが、その好例。アーセナルがトロフィーに届かないとき、いつも頭に浮かぶことである。

ドルトムントでは、状況は異なる。特にシーズン前半戦、クロップのチームはトップの相手に対してだけではなく、カイザースラウテルンやザンクト・パウリといったチーム相手にも勝ち星を落とさなかった。ブンデスリーガのタイトルは単なる期待に終わらせず、2ケタのポイント差をつけてシーズン終盤に突入したにも関わらず、優勝に関する話はタブーであり、クラブの誰もがこの話題についての質問に答えることを拒否した。彼らの沈黙と「一歩ずつ」というアプローチが、余計な苛立ちを減らした。

少なくともスポーツ面において、近年のアーセナルがドルトムントよりも厳しい状況に置かれていたことは間違いない。優勝という名の亡霊につきまとわれ、名の通った選手が見せた不安定さは、彼らがプレッシャーにさらされていたことを物語る。ドルトムントのスターたちの多くは今季に入ってから名を上げたのであり、最終的に「優勝間違いなし」と言われたのも、たった数カ月間のことだった。

今季もまたアーセナルにとっては失敗に終わったが、ヴェンゲル監督はドルトムントの優勝を、自身の手法が結果を生み出すことができる証拠として受け止めていい。BVBの成功に満ちたシーズンから、アーセナルは戦術的、心理学的な答えを導き出すことができる。正しい調整を施すことにより、理想主義者の王たるヴェンゲルは、結果をもたらすマスタープランを描けるはずだ。


スポーツ・サイト別

スポーツ時々・大絶叫

★海外組★

スリーケイ3K


スポーツ・サイト別

スポーツ時々・大絶叫

★海外組★

スリーケイ3K


関連記事
[ 2011/05/10 21:54 ] コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サッカー情報館
Facebookに追加mixiチェックに追加Twitterに追加
★★★★★
サッカー海外組を中心としたサッカー情報サイト! 基本は海外メディアのニュース中心に 日本代表や海外での日本人評価などとにかく海外組ニュースでまとめました。 たまにJリーグや外国人選手の話題も取り上げ気になる記事にコメントやこれから海外組になる可能性がある選手など気になる情報ばかり。 いつかバロンドールを日本人が受賞出来ることを祈ってサムライたちを応援していきたいです。
広告
サッカー関連!ニュース速報
サッカーはスポーツの中でも一番情報量が多い。いろんなサイトで記事が上がっているので海外組以外でも記事を探してみて下さい。
海外メディア日本語版
メールフォーム
メール【投稿・コメント・リンク】

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
メール又はコメントで募集中です!!
このブログをリンクに追加する

リンクの設定で以前リンクさせてもらったサイト様のデータが一部紛失してしまったためメールでご連絡いただければ貼り直しますのでよろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。