サッカーで日本を熱くさせるサムライ海外組の日本人選手、個別ニュース+日本代表ニュースにコメント! 海外の評価や2chの反応も!
サッカー関連ニュース サッカー関連ニュース サムライニュース サムライニュース 海外メディアの反応 にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング ブログランキング【くつろぐ】
サッカー サッカー日本人選手★海外組★ TOP  >  2011年06月 サッカー
サッカー&フットボール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長友、来季はサネッティと左サイド争奪戦か

現地紙が長友にチーム最高点


28日付伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトはセリエA、インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都が、来季は主将のアルゼンチン代表MFサネッティと左サイドMFを争うと予想。同紙はガスペリーニ新監督が、3-4-3での先発に長友を考えていると報じた。また、インテルの夏季合宿の新聞広告に長友が登場。“チームの顔”に抜てきされた。
スポンサーサイト

レアルら5クラブ争奪!ネイマール移籍交渉解禁

ネイマール


サントス(ブラジル)のアウバロ会長が同国代表FWネイマール(19)に移籍交渉を認めたと地元各メディアが28日に報じた。5クラブが違約金として設定されていた移籍金4500万ユーロ(約52億円)をオファー。同会長は「放出したくないが、違約金に見合う申し出があった。交渉を認めた」と話した。

 クラブ名は伏せられたが、Rマドリードにバルセロナ、チェルシー、マンチェスターCに加え、元ブラジル代表DFロベルト・カルロスが加入したアンジ・マハチカラ(ロシア)が交渉相手と報じられている。

“小野2世”の期待!高木「シャーキー」初合流

高木善朗


J2東京Vからオランダ1部ユトレヒトに移籍したMF高木善朗(18)が28日、チームの練習に初合流した。エルウィン・クーマン監督(49)の提案で呼び名は“シャーキー”に決定。指揮官は高木の潜在能力を高く評価しており、7月2日に行われる練習試合に45分間起用する意向を示した。

 新天地での初練習。前日にメディカルチェックを済ませ正式契約した高木は約1時間半、ボール回しなどで汗を流した。「気持ち悪くて。最後の方は疲れててミスもありましたね」。3日前の25日のJ2岡山戦に途中出場。26日にオランダ入りし入団会見。時差とハードスケジュールによる疲労は隠せないが「大丈夫っす」と目を輝かせた。

 “小野2世”になる。フェイエノールト監督時代にMF小野伸二(現清水)を指導した元オランダ代表MFのクーマン監督は「僕が見ていたとき、小野はすでに大人のプレーヤーだった。いい目を持っていたし、技術面で素晴らしいものを持っていた」とした上で、「高木は、まだ18歳。ただ彼もいい目を持っているし、技術もいい。そして高木には、まだまだ時間が十分にある」と潜在能力に太鼓判を押した。

 呼び名は、指揮官の提案もあり、ヨシアキを発音しやすくした“シャーキー”に決まった。28日付の全国紙アルヘメン・ダッハブラットは「シャーキーがユトレヒトとともにタイトルへ」との見出しで入団会見の模様を報道しており、地元での注目度も高まっている。

 クーマン監督は、7月2日に行われる地元アマチュア選抜との練習試合に45分間起用する方針。元プロ野球選手の高木豊氏(52)を父に持ち、兄・俊幸(20)は清水のFW、弟・大輔(15)はU―17W杯で活躍中。注目度急上昇の高木3兄弟の次兄は「どんどんコミュニケーションを取っていきたい」と決意表明。新たな舞台への第一歩を踏み出した。

ユーベ幹部“全力獲り”明言「近日中に発表も」

本田


日本代表MF本田圭佑(25)獲得に乗り出したユベントスの幹部が28日、CSKAモスクワとのクラブ間交渉が詰めの段階まで来ていることを明らかにした。スポニチ本紙の取材に応じたユベントスの幹部は「本田獲得に全力を尽くしている」とした上で「いくつか条件がそろえば近日中に発表できる可能性もある」と話した。

 復活を目指すユベントスは約150億円を投じたサッカー専用の新スタジアムで来季を迎える。改革元年の目玉として本田に白羽の矢を立てた。現在1000万ユーロ(約12億円)以上とされる移籍金をめぐって両クラブが詰めの交渉を行っている段階で、金銭面で合意すれば交渉が一気にまとまる可能性が高いという。

 「本田には、ぜひトリノ(ユベントスの本拠地)に来てほしいね」と同幹部。“ユベントス本田”誕生へ、残されたハードルはわずかだ。

世界各国で宇佐美の移籍報道「天才的な“日本のロッベン”がバイエルンへ」

宇佐美にまた海外熱視線!セリエBパドバが獲得狙う


バイエルンへのレンタル移籍を発表したG大阪の日本代表MF宇佐美貴史に、世界各国のメディアが注目している。

 宇佐美のバイエルン移籍が発表されると、各国メディアが一斉に報道。FIFA(国際サッカー連盟)の公式HPでは、「バイエルンは世界トップクラスのクラブ。チームに入り、厳しい環境の中で自分がプレーし、多くのことを学べると確信している」という宇佐美のコメントを掲載し、移籍について伝えた。

 オランダメディア『Voetbal International』は同国出身でバイエルンの中心選手として活躍するアルイェン・ロッベンに例え、「“日本のロッベン”がバイエルンへ。アルイェンとフランク・リベリーに挑戦」と報道。

 ドイツ紙『ビルト』は、「日本で最高の天才的な才能を持っていると評価される宇佐美が、ロッベン、リベリーという2人のスーパースターの代役としてバイエルンと契約」と伝えている。この他にもユーロスポーツやアメリカ・アフリカメディアも宇佐美のバイエルン行きを報じ、注目度の高い移籍として、この日本人アタッカーの決断を紹介している












ブログパーツ 続きを読む(ネット上のコメント表示など)

香川と“ロベリー”が活躍…ブンデスリーガは外国人に頼りきり?

香川2


ドルトムントの日本代表MF香川真司や、バイエルンのオランダ代表FWアルイェン・ロッベン、フランス代表MFフランク・リベリーらの活躍が目立ったブンデスリーガは、創造性に関して外国人選手に頼りきりだと、ドイツメディア『News.de』が報じている。

 ロッベンは10-11シーズン、14試合の出場にとどまったものの、10得点12アシストを記録。最も想像性豊かな選手として結果を残している。リベリーもまた故障により多くの試合を欠場したが、17アシストで多くの得点に絡んだ。

 また、この“ロベリー”に割ってはいる存在が香川で、優勝を果たしたドルトムントに大きく貢献し、多くの得点を創造したと紹介している。

 一方、ドイツ人プレーヤーは外国人助っ人に頼りがちで、創造性の面ではやや劣っている現実があると、現状を問題視。また、近年、活躍が目立っていたブラジル人選手も、10-11シーズンは低調だったと報じられている。











ブログパーツ

森本残留へ!モンテッラ新監督高評価

imagesCAI6WMVO.jpg


セリエA・カターニアの日本代表FW森本貴幸について、同クラブのロモナコGMは26日付伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトに、「恐らく残留する」との見通しを示した。モンテッラ新監督が高く評価しており、出場機会を求めて移籍を希望する森本の説得に当たるという。森本にはノバーラ、サンプドリア、Lモスクワなどが興味を示している。













ブログパーツ

本田が先制点をアシスト! チームも快勝で首位キープ

本田


ロシア・プレミアリーグは現地時間26日(以下現地時間)に第16節の試合が行なわれ、本田圭佑が所属するCSKAモスクワは敵地でアムカル・ペルムと対戦し、2対0で快勝した。本田はこの試合に先発出場し、先制点をアシストする活躍を見せている。

 この日の試合でリーグ戦8試合連続での先発出場となった本田は、8分に自陣からドリブルで中央を駆け上がると、走り込んだドゥンビアに絶妙のスルーパス。これをドゥンビアが落ち着いて決め、CSKAが先制に成功する。

 本田は70分に途中交代となったものの、チームは終盤にもドゥンビアのゴールで1点を追加して快勝。消化試合が1試合少ないながらも、2位ゼニト・サンクトペテルブルクに勝ち点4差をつけ、首位の座をがっちりキープした。

 なお、CSKAの次戦は7月21日に予定され、敵地でヴォルガ・ニジニーと対戦する。













ブログパーツ

長友佑都プロフィール

DF 長友佑都

身長/体重 170cm/68kg
生年月日 1986年9月12日
出身地 愛媛県
主な国際大会出場歴 北京五輪(2008年)、ワールドカップ(2010年)


経歴
年 所属チーム 出場試合数 得点
2008 FC東京 29 3
2009 FC東京 31 1
2010 FC東京 12 1
2010 チェゼーナ(イタリア) 16 0
2010 インテル(イタリア) 13 2

プレースタイル

スタミナがあり後半まで切れない運動量が魅力。
守備能力が高く一対一に強い。
小柄だがフィジカルが強く当たり負けをしない。
ドリブルスピードが速くソッコー制に優れた選手。
[ 2011/06/26 03:34 ] 選手プロフィール | TB(0) | CM(0)

内田篤人 プロフィール

DF 内田篤人

身長/体重 176cm/62kg
生年月日 1988年3月27日
出身地 静岡県
主な国際大会出場歴 U-20ワールドカップ(2007年)、北京オリンピック(2008年)、ワールドカップ(2010年)


鹿島アントラーズ⇒シャルケ04(ドイツ)

スピードがありサイドバックでプレーする選手。
欧州型の選手で攻めを得意とする。一対一に少し弱い気がするが
パスの精度は抜群でマイコンのようなスタイル。
[ 2011/06/26 03:29 ] 選手プロフィール | TB(0) | CM(0)
サッカー情報館
Facebookに追加mixiチェックに追加Twitterに追加
★★★★★
サッカー海外組を中心としたサッカー情報サイト! 基本は海外メディアのニュース中心に 日本代表や海外での日本人評価などとにかく海外組ニュースでまとめました。 たまにJリーグや外国人選手の話題も取り上げ気になる記事にコメントやこれから海外組になる可能性がある選手など気になる情報ばかり。 いつかバロンドールを日本人が受賞出来ることを祈ってサムライたちを応援していきたいです。
広告
サッカー関連!ニュース速報
サッカーはスポーツの中でも一番情報量が多い。いろんなサイトで記事が上がっているので海外組以外でも記事を探してみて下さい。
海外メディア日本語版
メールフォーム
メール【投稿・コメント・リンク】

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
メール又はコメントで募集中です!!
このブログをリンクに追加する

リンクの設定で以前リンクさせてもらったサイト様のデータが一部紛失してしまったためメールでご連絡いただければ貼り直しますのでよろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。