サッカーで日本を熱くさせるサムライ海外組の日本人選手、個別ニュース+日本代表ニュースにコメント! 海外の評価や2chの反応も!
サッカー関連ニュース サッカー関連ニュース サムライニュース サムライニュース 海外メディアの反応 にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング ブログランキング【くつろぐ】
サッカー サッカー日本人選手★海外組★ TOP  >  Jリーグ・ピックアップ!! サッカー
サッカー&フットボール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

柏が混戦制し初V!J史上初の“連続優勝”達成

J1最終節は3日、各地で全9試合が行われ、敵地で浦和に3-1で勝利した柏が念願の初優勝。昨季のJ2王者が、昇格後即J1制覇という史上初の快挙となった。

 は今季23勝3分8敗で勝ち点「72」。開幕ダッシュに成功し、今季は常に上位争いを演じた。シーズン中盤には4位まで順位を落としたが、その後5連勝するなど持ち直しクラブ史上初の優勝を果たした。

 柏と勝ち点1差で最終節を迎えた名古屋は、新潟を1-0で下し6連勝を飾ったが連覇ならず。西野監督のラストゲームとなったG大阪は、清水に3-1で勝利したが、05年の最終節逆転優勝の再現とはならなかった。

柏レイソル動画・画像

▼サッカー関連ランキングサイト▼
にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ
ブログパーツ 続きを読む(ネット上のコメント表示など)
スポンサーサイト

ハーフナーが今季17点目

日本代表のハーフナーが今季17点目!得点王を狙える単独トップ。

■J1第31節は3日に9試合が行われ、横浜F・マリノスはヴァンフォーレ甲府に先制ゴールをハーフナーマイクに決められた。しかしその後マリノスは逆転に成功して勝ちを収めている。

ハーフナーが今季17点目

惜しい試合だがハーフナーが得点を決めたことがすごくうれしいです。
海外移籍が決定的なハーフナーが海外クラブのスカウトマンにアピール出来たことで良いチームに移籍できる
可能性が増えた試合。最近海外へ渡った選手でJリーグ得点王は高原が最後だったがだいぶ日が経つ。
高原はブンデスリーガで結果らしい結果は残せなかったがそれは完全にフィジカルの問題だったと思う。
テクニックでは勝っていたが、泥臭いゴールが多い選手なのでフィジカルは絶対必要な要素。
結局長所が潰される結果になってしまい普通の選手になってしまった・・。
ハーフナーはまず高さが世界基準でどこのリーグも欲しい選手。
甲府は降格争いをしているチームだが、その中で得点王になるのは異例的な事なのでかなりの力を持っている証拠。
長身選手の割に足元もテクニックがあり、スタミナもある。
僕的にはイタリアかドイツのチームに行ってほしい。


ブログパーツ

▼サッカー関連ランキングサイト▼気軽にチェックしてみて下さい!!
にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング ブログランキング【くつろぐ】 ブログ検索☆BITZ 続きを読む(ネット上のコメント表示など)

川崎フロオンターレがブラジル代表のロナウジーニョを獲得

川崎フロオンターレが
ブラジル代表のロナウジーニョを獲得を狙っている。


■これは本当に興味深い話である。
ユベントスのデルピエーロのJリーグ移籍の噂が飛び交ったのは最近の話だが今度はあのロナウジーニョ・・。
もし本当に移籍が実現したらJリーグの第二黄金時代の到来を予測させる出来事だ・・。

動画


記事▼

■J1川崎が来季の補強の目玉として、ブラジル代表FWロナウジーニョ(31)=フラメンゴ=を獲得する可能性が31日、浮上した。

 チームの強化担当者が「ロナウジーニョは今、フラメンゴ? 彼みたいなベテランを獲得するという考え方もある」と明言した。クラブは10月中旬からブラジルへスカウト陣を派遣。11月9日の帰国まで来季に向けた補強活動を進めており、ロナウジーニョ側と交渉する可能性が出てきた。

 ただ、巨額マネーが必要になる。今年1月にACミランからフラミンゴに移った際には、推定300万ユーロ(約3億2700万円)の移籍金が支払われた。獲得は困難を伴うが、同担当者は「最初の数試合で元が取れるのではないか。鹿島に大物外国人が入団したときも、そうだったと聞いている」と説明した。

 国際サッカー連盟(FIFA)最優秀選手賞に2度輝いたロナウジーニョは10年南アW杯で代表から漏れ、全盛期に比べれば衰えは隠せないものの、ことし9月に代表復帰を果たした。具体的な交渉は未定だが、川崎のロナウジーニョが誕生すれば大きな話題となりそうだ。
記事元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111101-00000016-sanspo-socc

▼サッカー関連ランキングサイト▼気軽にチェックしてみて下さい!!
にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング ブログランキング【くつろぐ】 ブログ検索☆BITZ

大迫が延長V弾!鹿島 9年ぶりナビスコ杯制覇


延長の末鹿島のフォワード大迫が
延長V弾!鹿島 9年ぶりナビスコ杯制覇おめでとう。






 ナビスコ杯決勝が29日、東京・国立競技場に4万6599人の観衆を集めて行われ、鹿島が延長戦の末1―0で浦和を下し、9年ぶりの優勝を果たした。延長前半15分、U―22日本代表のFW大迫が右足で決勝ゴール。ナビスコ杯3試合連続ゴールの大迫がMVPに輝いた。

 鹿島は並んでいたV川崎(現東京V)を抜き、最多となる大会4度目の優勝。クラブのタイトルは最多を更新する15冠目となった。

 序盤から中盤を支配した鹿島が浦和ゴールに迫り、前半10分に興梠、同16分には大迫がシュートもゴールの枠を捉えられず。同25分には左サイドから野沢が無回転シュートを放ったがGK加藤が右手一本で防いだ。前半は0―0で終了した。

 流れを変えたい浦和だったが後半5分、立て続けに警告を受けた山田直が退場となる大誤算。直後、中盤からのボールに反応した梅崎が左サイドを抜け出し、チームを鼓舞するようなシュートを放ったがサイドネットを揺らした。

 10人の相手に対し猛然と攻め込む鹿島だったが、浦和GK加藤が好セーブを連発しゴールを奪えない。後半20分過ぎには大迫、野沢がシュートも、守護神の気迫に阻まれた。

 鹿島は同35分、DF青木が警告2回で退場。10人対10人の戦いとなったが両チームとも決定力を欠き、勝負は0―0のまま延長戦に持ち込まれた。

 延長前半15分、鹿島がついに均衡を破る。パス交換で左サイドを崩すと、ボールを受けた興梠が冷静に逆サイドへラストパスを送り、フリーの大迫が右足ダイレクトで蹴り込んで先制。延長後半には柴崎がクロスバー直撃のシュートを放つなど、その後も鹿島が優位に試合を進め、1―0で勝利した。
続きを読む(ネット上のコメント表示など)
サッカー情報館
Facebookに追加mixiチェックに追加Twitterに追加
★★★★★
サッカー海外組を中心としたサッカー情報サイト! 基本は海外メディアのニュース中心に 日本代表や海外での日本人評価などとにかく海外組ニュースでまとめました。 たまにJリーグや外国人選手の話題も取り上げ気になる記事にコメントやこれから海外組になる可能性がある選手など気になる情報ばかり。 いつかバロンドールを日本人が受賞出来ることを祈ってサムライたちを応援していきたいです。
広告
サッカー関連!ニュース速報
サッカーはスポーツの中でも一番情報量が多い。いろんなサイトで記事が上がっているので海外組以外でも記事を探してみて下さい。
海外メディア日本語版
メールフォーム
メール【投稿・コメント・リンク】

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
メール又はコメントで募集中です!!
このブログをリンクに追加する

リンクの設定で以前リンクさせてもらったサイト様のデータが一部紛失してしまったためメールでご連絡いただければ貼り直しますのでよろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。