サッカーで日本を熱くさせるサムライ海外組の日本人選手、個別ニュース+日本代表ニュースにコメント! 海外の評価や2chの反応も!
サッカー関連ニュース サッカー関連ニュース サムライニュース サムライニュース 海外メディアの反応 にほんブログ村 サッカーブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング ブログランキング【くつろぐ】
サッカー サッカー日本人選手★海外組★ TOP  >  海外組・安田理大ニュース サッカー
サッカー&フットボール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

安田が開幕戦にフル出場

オランダ・エールディビジは現地時間7日(以下現地時間)に今季のリーグ開幕戦が行なわれ、安田理大が所属するフィテッセはアウェイでADOと対戦し、0対0で引き分けた。

 昨季途中にフィテッセに加入し、15試合連続でフル出場した安田。今季開幕戦でも先発メンバーに名を連ね、試合終了までプレーしている。

 フィテッセの次戦は13日に行なわれ、吉田麻也とカレン・ロバートが所属するVVVをホームに迎える。
スポンサーサイト

安田所属のフィテッセで指揮官交代か

安田


オランダgelderlander.nl』によると、日本代表DF安田理大の所属するフィテッセが、アルベルト・フェレール監督の解任を決断した模様だ。

伝えられるところでは、まだフェレール監督には契約を解除するクラブの決定は伝えられていないという。フェレール監督とフィテッセの契約はあと1年残っているが、リーグ15位と期待を裏切る結果でシーズンを終えたため、クラブは指揮官交代に踏み切るつもりのようだ。

なおGoal.comは木曜日に、フィテッセがスティーブ・マクラーレン氏の招へいを狙っていると報じていた。










スポーツ時々大絶叫

★海外組★

スリーケイ3K

レンタルマンの映画評論X

続きを読む(ネット上のコメント表示など)

安田、長友に挑戦状!ザックJ定位置争い激化

安田


サッカー・日本代表合宿(30日、新潟聖籠SCアルビレッジ)キリン杯(6月1、7日)にむけての合宿をスタート。アルベルト・ザッケローニ監督(58)が国際Aマッチでは初となる「3-4-3」の布陣を試す中、2年4カ月ぶりの招集で攻撃参加が持ち味のDF安田理大(23)=フィテッセ=が、長友佑都(24)=インテル・ミラノ内田篤人(23)=シャルケ=からのレギュラー奪取を誓った。


インテルだろうがシャルケだろうが、負けるつもりはない。そんな気迫がみなぎった。練習終了直後、安田は他の選手が引き揚げる中、ザッケローニ監督に歩み寄ると志願の居残り練習を敢行。嵐のような北風に誰もが身を縮ませる中、入念に復習を繰り返した。

 「ウッチー(内田)やユウト(長友)にも、負けないようにやっていきたい」

 口をついたのは、不動の両サイドへの“宣戦布告”。相手は前日にイタリア杯を制した左サイドバックの長友と、欧州CLで日本人初の4強入りを果たしドイツ杯に優勝した右サイドバックの内田。しかし、今年1月にオランダのフィテッセに移籍し、移籍後の全15試合にフル出場して5アシスト、2年間の契約延長も勝ち取った安田に気後れはなかった。

 “追い風”が吹く。ザック監督はこの日のミーティングで、「短い時間の中で、新しいことにチャレンジする」と宣言。約2時間の全体練習では「3-4-3」の布陣を貫き、1日のペルー戦ではこの「3-4-3」の国際Aマッチ初採用が濃厚となった。

 3バックの1つ前の左サイドMFを森脇(広島)と務めた安田は、普段のDFではない攻撃的な位置に「高い位置でボールを持てるのでいい」とニヤリ。ザック流攻撃的布陣は守備より攻撃が信条の男にとって大きな後押しになる。イタリア杯から中2日で、同位置の長友の先発は微妙。いきなり先発でザック・ジャパンデビューの可能性もある。

 「(欧州では)自信をつけた。代表でいいプレーをすることが次につながる。新入生のつもりでやっていく」。09年2月のフィンランド戦以来のA代表。“新生安田”は2年4カ月ぶりの舞台で違いを示す







2年4カ月ぶりの代表選出となった安田「オランダで成長した姿を見せたい」

安田


6月のキリンカップに臨む日本代表に選出されたフィテッセDFの安田理大が、公式ブログ上で喜びのコメントを残している。

 今冬、G大阪からフィテッセに移籍した安田は、移籍直後からスタメンを奪うと15試合連続でフル出場を果たし、5アシストと素晴らしい活躍を披露。この活躍がアルベルト・ザッケローニ監督に認められ、今回の招集につながった。

 2009年のフィンランド戦以来、2年4カ月ぶりとなる代表復帰に、安田は「え~この度、私、安田理大、キリンカップサッカー2011に臨む日本代表メンバーに選出されました!! 日頃応援してくれている皆さんのおかげです」とコメント。







「俺らしいプレーと、オランダでプレーして成長した姿を皆さんに見せれるように気合いを入れて行って来ます」と代表戦に向けて決意を語っている。

 両サイドバックをこなす安田だが、代表には名門インテルの左サイドバックを務める長友佑都や、チャンピオンズリーグベスト4に進出したシャルケの内田篤人が名を連ねており、激しいポジション争いになることは確実。安田はこのチャンスでザッケローニ監督に何とかアピールをしておきたいところだ。

“お祭り男”来場へ!フィテッセ安田が空港から直行予告

安田


場外戦でも負けへんで!C大阪との大一番に、G大阪OBのDF安田理大(23=フィテッセ)が応援に駆けつけることが22日、分かった。昨オフにオランダ1部へ戦場を求めた“お祭り男”が帰国即スタジアムの強行スケジュールで古巣を盛り上げる。

 チーム関係者によると安田は「チケット、取っといて!」と気合十分という。スタジアムに到着しやすいように成田空港経由伊丹空港着の航空機で帰国。当日はC大阪に在籍した日本代表MF香川真司も観戦する可能性があり、スタンドでもOBによる熱き戦いが繰り広げられることになりそうだ。

 昨年9月18日に決勝弾となるリーグ戦初得点を挙げるなど安田自身もダービーとの縁起が良い。07年ナビスコ杯決勝ではプロ初得点でMVPを獲得した勝負強さもある。さらにフィテッセでは15試合連続フル出場で、13年まで契約延長。勢いは香川にも負けていない。

 何より「青と黒の血が流れている」と豪語する生粋のGサポーター。アジア制覇の“ミチしるべ”となるべく、まずは3年ぶり8強進出をアシストする。








【オランダ】「ビッグクラブに移籍したい」。安田理大が確信した自らの“海外適性の高さ”

安田
安田理大が挑んだ、オランダでの1年目のシーズンが終わった。

 所属するフィテッセの最終順位は、18クラブ中15位。シーズン終盤、安田が「とりあえず、今の目標」と話していた「1部残留」を果たすのがやっと、という成績だった。

 しかし、安田個人が得たものは決して小さくはない。シーズン途中というタイミングでの海外移籍だったにもかかわらず、新天地でレギュラーの座を確保。主に右サイドバックとして、移籍後の全試合(15試合)に先発フル出場した。

「(かつてオランダでプレイしていた本田)圭佑や(小野)伸二さんが日本人の名前を売ってくれていたから、チームメイトも最初から僕のことをリスペクトしてくれた。正直、もっとできない(通用しない)と思っていましたから、それができているっていうのは、すごく自信になります」

 やや控えめに、そんな言葉で手応えを語る安田だが、しかし、オランダへ渡る以前から、自身の“海外適性の高さ”については感じることが多かった。

 例えば、オランダサッカー特有の、テクニックやスピードに優れたウイングとのマッチアップ。「こっちで慣れた、というのもあるけど、どっちかというと、僕はそういうタイプが好き」なのだという。

「日本の場合はドリブルをするにしても、相手の動きを見て抜くっていう受け身的な感じなんですけど、こっちの選手は自分のスタイルで抜いてこようとする。僕自身もそういうスタイルだと思うし、それが合っている。だから、対戦していても日本人相手よりやりやすい。それはACL(AFCチャンピオンズリーグ)やクラブワールドカップ、あるいは年代別代表で、海外の選手と対戦しているときから感じていました」

 安田の実感が決して強がりでないことは、実際のプレイが証明している。あくまで自分の長所は攻撃力にあると認識しつつも、移籍当初は少し戸惑ったスピードにも慣れ、守備でも落ち着いた対応を見せている。

 となれば、当然、安田に対するクラブ側の評価は高くなる。4月上旬には来季の契約を結び、ヨーロッパでの2年目を、今度はシーズン開幕からフィテッセで迎えることが決まっている。

「レアルやバルサから話が来たら別ですけど(笑)、監督から信頼を得て試合に使ってもらっているし、半年間やってみて、シーズン初めからここでやりたいっていう気持ちもあって、(来季もフィテッセでプレイすることを)自分のなかでは決めていたんで。フィテッセはこういう順位にいるチームではないと思っているし、やるからにはひとつでも上位を目指して、全力を出して試合に出続けたいと思っています」

 ただし、安田は「フィテッセで終わるつもりはない」とも、はっきりと口にする。

「ここで活躍して、もっとビッグクラブに移籍したいと思っているし、そこを目指して頑張っていきたい」

 ワールドユースや北京五輪をともに戦った香川真司や内田篤人、あるいは同じオランダで活躍する宮市亮らを意識してか、「もっと(自分を取材する)ジャーナリストの人が増えるようにしたい」。安田はそう言って笑う。

 確かに、彼らと比べると、安田への注目度はあまりに低い。しかし、だからといって、日本に届く情報量と現地での活躍度が比例するわけでもない。情報から受ける印象以上に、安田は彼の地で確かな成果を残している。

「でも、焦りすぎてもよくないですから。自分がこれから上に行くために、どういうルートを行ったらいいのか、しっかりと考えたいです」

 わずか半年のオランダ生活。だが、安田にとっては、来季以降のステップアップにつながる、充実の時間だったに違いない。






安田が最終戦でアシスト 宮市は途中交代

<strong>安田</strong>
 オランダエールディビジは現地時間15日(以下現地時間)に今季のリーグ最終戦が行なわれ、安田理大が所属するフィテッセはホームでエクセルシオールと対戦し、1対4で敗れた。安田がチーム唯一の得点をアシストしている。また、宮市亮が所属するフェイエノールトはホームでNECと1対1で引き分け、吉田麻也とカレン・ロバートが所属するVVVはアウェイでデ・グラーフシャフに0対1と黒星を喫した。

 先発フル出場した安田は、1点ビハインドで迎えた62分に一時は同点となるゴールアシスト。チームはその後失点を重ね敗れたものの、15位となり降格を免れている。1月にフィテッセに加入した安田は、3試合連続アシストを記録するなど、15試合連続でフル出場を果たした。

 前戦はフェイエノールト加入後初の欠場となった宮市は、この日は先発出場。しかし、得点に絡むことはできず、ハーフタイムに途中交代を告げられ前半のみの出場に留まった。今冬にアーセナル(イングランド)から期限付きでフェイエノールトに加入した宮市は、12試合に出場し3ゴールを挙げている。

 最終戦に揃ってフル出場した吉田とカレン。吉田は今季20試合に出場し、1月に吉田のチームメイトとなったカレンは15試合出場で2得点を記録している。

 なお、17位で今季を終えたVVVは、1部残留をかけて2部リーグの上位チームとプレーオフを戦う。第1戦は19日にフォレンダムとアウェイで対戦する





サッカー情報館
Facebookに追加mixiチェックに追加Twitterに追加
★★★★★
サッカー海外組を中心としたサッカー情報サイト! 基本は海外メディアのニュース中心に 日本代表や海外での日本人評価などとにかく海外組ニュースでまとめました。 たまにJリーグや外国人選手の話題も取り上げ気になる記事にコメントやこれから海外組になる可能性がある選手など気になる情報ばかり。 いつかバロンドールを日本人が受賞出来ることを祈ってサムライたちを応援していきたいです。
広告
サッカー関連!ニュース速報
サッカーはスポーツの中でも一番情報量が多い。いろんなサイトで記事が上がっているので海外組以外でも記事を探してみて下さい。
海外メディア日本語版
メールフォーム
メール【投稿・コメント・リンク】

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
メール又はコメントで募集中です!!
このブログをリンクに追加する

リンクの設定で以前リンクさせてもらったサイト様のデータが一部紛失してしまったためメールでご連絡いただければ貼り直しますのでよろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。